生活相談はこちら
メール:shizusyoren@ny.tokai.or.jp電話:05-4283-8885

税金・金融・新規開業のお悩みはご相談ください
メールでのお問い合わせはこちら

ホーム > 経営全般の相談

経営全般の相談

【経営全般の相談 1】

記帳の仕方、PC会計を覚えたい

私にも帳面ができた

民商は、自営業者が自分の営業実態をつかみ経営を発展させるために、自主計算・自主記帳を応援しています。

民商で開催している簿記教室やパソコン会計教室で自主記帳の力をつけ、経営改善につなげている仲間がたくさんいます。


【経営全般の相談 2】

法人設立をしたい、建設業の許可申請がしたい

若い経営者を中心に法人設立の相談が相次いでいます。

元請けや金融機関から「法人成りをしては」と言われどうしたらいいか悩んでいる…。
「法人のメリットやデメリットを知りたい」などの相談にも乗っています。

また、500 万円以上の工事を請け負う場合に欠かせない建設業許可についても、民商では、自分で許可申請したいという事業主の建設業許可取得のための書類作成や、許可取得後の更新や変更届などをサポートしています。


【経営全般の相談 3】

社会保険加入を迫られ困っている

行政機関の個人事業所に対し強制的に社会保険(健康保険及び厚生年金保険)加入を迫る事例が年々増えています。元請けからの圧力などもあり、経営が苦しい中小業者が無理に加入しさらに経営を圧迫させ滞納してしまうケースが相次いでいます。

社会保険加入についての相談はお早めに民商へ。


【経営全般の相談 4】

労働保険・一人親方労災に加入したい

民商では厚生労働大臣の認可を受けた「労働保険事務組合」を設立し、会員の事業所の労働保険(労災保険、雇用保険)事務の委託を受け行っています。事務処理を委託することで、労災保険に加入することのできない事業主や家族従業者も特別加入ができます。労働保険のご相談は民商へ。

また、建設業等で従業員を雇用せず自分自身と家族だけで事業を行う事業主が加入できる「一人親方労災」組合を設立している民商もありますので、お気軽にご相談ください。


【経営全般の相談 5】

同業・異業種交流で商売の可能性を広げたい

民商は中小業者の困ったことだけでなく、地域の業者、県内の業者の交流で経営発展の取り組みも行っています。民商や県単位で開催する商工交流会では、仲間の技術や経営の工夫を交流し、新たな製品開発や販路拡大にもつなげています。

「商売のことで話す仲間が欲しい」「異業種との交流で人脈や可能性を広げたい」という要求を民商で叶えましょう!


ページトップへ戻る