お問い合わせはこちら
メール:shizusyoren@ny.tokai.or.jp電話:05-4283-8885

税金・金融・新規開業のお悩みはご相談ください
メールでのお問い合わせはこちら

ホーム > 民商の活動 > 

〈沼津民商ニュースより〉「浜岡原発の事故から市民の命と暮らしを守る沼津市の防災対応策についての申し入れ」

民商の活動

〈沼津民商ニュースより〉「浜岡原発の事故から市民の命と暮らしを守る沼津市の防災対応策についての申し入れ」

 

7月23日(火)沼津市役所にて、「浜岡原発を廃炉にし原発ゼロをめざす市民の会」による、浜岡原発事故時の沼津市の防災対策について申し入れがされ、沼津民商からも1名が参加しました。

 


沼津市長との懇談

 


沼津市議長・副議長との懇談

 

申し入れでは、沼津市の防災対策は、自然災害等を主な内容としての計画にとどまり、浜岡原発の事故等については一切の記述がない事に基づき、直ちに着手する防災対策・計画として
①情報の収集、連絡体制の整備、市民への情報伝達等について
②市民の命と健康を守るために事前に対応すべき課題
③日常における市民への情報提供や行政の取り組みについて
の3項目を柱に、市民の避難場所や手段の確保、ヨウ素剤の提供手段と服用方法の指導、教育の中で原発について伝えていく事、また自然エネルギーへの転換を支援・助成する事、などを懇談・申し入れしました。

 

沼津市は、ひとたび浜岡原発で事故が起これば、国の災害対策で謳う30キロ圏の外にあるとはいえ、駿河湾を隔て何の遮蔽物も無い、直線距離80キロに位置し、風の影響もあり大きな被害が出る事、また何より、子供たちへの影響が甚大な事を訴えました。
沼津市長、議長・副議長共に「市民の命や健康を守ることが大切。出して頂いた申し入れを良く吟味し、関係部署や、議会で話し合う」と回答しました。

最後に「福島原発事故を教訓に、市も一緒になって、防災対策の強化と組織作り、市民への啓もうに力を注いでください」と訴えました。今後も引き続き、運動に取り組んで行きます。

 

 

カテゴリー:民商の活動 | 投稿日:2019.08.05


ひとりで悩まず民商へ

新規開業の相談 経営全般の相談 資金繰りの相談 税務調査の相談 税金の相談

最新ニュース一覧

ページトップへ戻る